MENU

ニキビと排卵による女性ホルモンの関係

女性の体に多大な影響をもたらす女性ホルモン。肌もその例外ではありません。
生理前になるとニキビに悩まされる人が多いのも、2種類の女性ホルモンの働きによるものなのです。

 

生理が終了し排卵日までの期間はエストロゲンという卵胞ホルモンが急増します。
エストロゲンは美のホルモンとも呼ばれる、肌を綺麗にし髪をいきいきさせる作用があります。

 

しかし排卵日以降エストロゲンは減少していき、代わりに黄体ホルモンのプロゲステロンが増加します。

 

プロゲステロンはエストロゲンが着床しやすくした子宮内膜をさらに厚くする働きをするのですが
このホルモンは皮脂の分泌を促してしまうのです。皮脂量が増えると、気をつけないと毛穴が詰まってしまいます。

 

さらにプロゲステロン水分量を低下させる性質まで持ち合わせているので、肌を保護しようとする体の指令で角質が厚くなり
より毛穴を塞いでしまうことに繋がってしまう。まさに悪循環のような展開が起こってしまうのです。

 

プロゲステロンが増加するのは避けられない現象であり、生理が終われば改善されることがほとんどです。

 

対策としてはこの時期は特に肌の保湿に務めること
ニキビが出来ている場合は皮脂が過剰になっているので、その部分にはクリーム類は塗らないことを心がけましょう。
またストレスもニキビの大きな原因になります。規則正しい生活、特に睡眠を充分に取ることも重要です。