MENU

早期妊娠検査薬と検査薬の種類

妊娠検査薬というのは、受精後1週間経過してから検査できるものと、その日から検査をすることができるものとがあります。
早く結果を知ることができ、信頼性があって精度の高いものを選びたいと思われる方が多いと思います。

 

普通の検査薬も、早期妊娠検査薬も正しく使用することでより精度の高い検査を行うことができるのですが
メーカーによって使い方というのは少しずつ異なることがありますので、よく覚えておくようにしましょう。

 

検査薬というのは、妊娠検査薬自体の信頼性はもちろんですが
信頼できる検査薬であっても検査するタイミングが早過ぎると正確な反応が出ないこともあります。
妊娠検査薬は受精してから2週間、もしくは3週間が経過してから使用するというのがベストです。

 

検査薬の基本的な使い方は、朝起きた時の尿を使用するということです。
朝一番の尿を使用することで、より正確に妊娠しているかどうかを判断することができるからです。

 

また、薬を服用しているかどうかも判断基準になります。
場合によっては薬に含まれている成分が検査薬に反応してしまうことがあるからです。

 

また、反応が薄い場合にはすぐに検査薬を廃棄してしまうこともありますが
時間が経過してから反応が出ることもありますので、しばらく時間が経過してから捨てるようにしましょう。