MENU

妊娠中でも飲みやすい葉酸のメリット

肥満体型の人は出産リスクを減らすため、妊婦になると体重増加を出来るだけ避けるために食事制限が出るケースがあります。
そのため葉酸を食品から摂取しようと思ってた妊婦さんは、そういう場合はサプリメントに変えることがおススメです。

 

妊娠中に急激に太ってしまうと、出産リスクが高くなるので、非常に注意をしないといけません。
それでも、妊娠中は、水を飲んでも太りやすい時期なので、食事は工夫をする必要があります。
私が産院から言われた一番大事なポイントは、「炭水化物を減らしなさい」ということです。

 

これはすごく言われました!
炭水化物のお米を沢山食べてしまうことが多かったのですが、炭水化物にはあんまり栄養がなく、太りやすくなってしまうので、出来るだけお茶碗に軽く一杯で満足するようにした方が良いと言われました。

 

なので妊娠中は、私は子供用のお茶碗でご飯を食べていました。
でも、そのおかげで、なんとか肥満にならないで、妊娠中を過ごすことが出来ました。

 

妊娠中に太りすぎると、むくみがひどくなったり、高血圧になったり、カンジダなどにもなりやすくなってしまうので、かなり健康維持には気を付けないといけませんね。
カンジダになってしまったら、出産当日は抗生物質の点滴を打ちながらの出産になる可能性があります。