MENU

ストレスによる不妊と葉酸

子供なんて欲しいと思った時にすぐにできる!

 

そのように思っていたにも関わらず、実際には全く妊娠することができない…

 

妊活や不妊治療をスタートしてからかなりの時間が経っても効果がなかなか出てくれない…

 

このような状況が続くと、妊娠しなければならない、という強い使命感からストレスを抱え込みやすくなります。

 

実はこのストレスこそが不妊の原因となってしまっていることもあるのです。

 

ストレスを感じた時に起きていることですが、私達の身体というのは嫌なことや辛いできごとに遭遇した時、脳の中において感情をコントロールしようとします。

 

そして脳の視床下部と呼ばれている部分から副腎皮質刺激ホルモンと呼ばれるホルモンが分泌されるのです。

 

この副腎皮質刺激ホルモンというのは自律神経と下垂体に作用しています。

 

下垂体に副腎皮質刺激ホルモンが届けられることで副腎皮質ホルモンが分泌されるようになるのです。

 

さらに副腎はストレスに立ち向かうため、コルチゾールというホルモンを分泌しています。

 

このコルチゾールというのは脳の働き、免疫力を低下させる作用がありますので、ストレスに長期間さらされると病気を発症しやすくなります。

 

このストレスに長期間さらされると排卵障害を引き起こすことがあります。

 

この排卵障害を引き起こすと、当然不妊になります。

 

ストレスフリーな生活を心開けるようにして、尚且つ葉酸サプリをしっかりと摂取するようにしてください。